【シミウス/副作用】安全性と危険な成分について/敏感肌でも安全な理由

【シミウス/副作用】安全性と危険な成分について/敏感肌でも安全な理由

[シミウス/副作用]副作用がない3つの理由

 

シミウスが副作用の心配がない3つの理由

 

 

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルが副作用の心配なく安心して使用できるのは、「肌荒れでも安心して使える抗炎症成分を配合」「天然由来成分を豊富に配合」「安心の国内生産」の3つの理由です。

シミウスには、保湿効果や抗炎症効果・収れん効果が高い天然由来エキスが豊富に配合されています。

肌荒れのある状態は肌のバリア機能が低下しており、外部からの刺激に弱い状態です。

バリア機能を高め、健やかな肌を保つことで外部からの刺激や紫外線によるダメージを防ぎ、シミやそばかすの予防をすることができます。

シミウスには肌のバリア機能を高める効果のある天然由来成分が含まれ、肌荒れを根本から改善することができますよ。

また、安心の国内生産なのも魅力ですね!

 

 

 

 

初回購入20%offでお得

30日間の返金保証つきで安心

シミウスホワイトニングリフトケアジェル公式サイトへ

 

 

 

 

[シミウス/副作用]天然由来成分配合で安心!安全な3つの理由

 

 

「わたし敏感肌だけど、シミウス使っても大丈夫かな?」

「乾燥すると肌荒れがひどくなるから、オールインワンジェルだと乾燥が心配!」

一般的なオールインワンジェルは1本では乾燥したり、つっぱるという声が多く聞かれますね。

しかし、シミウスジェルは保湿成分や美容成分が肌の奥まで浸透するダブルクリスタル製法を採用しているため、1本でしっかりと保湿対策をすることができ、乾燥からの肌トラブルを予防することができます。

敏感肌で肌のバリア機能が低下している方は、少しの刺激で肌トラブルを起こしやすいのですが、保湿効果の高いシミウスホワイトニングリフトケアジェルなら、肌の内側からしっかりと保湿することで肌のバリア機能を高め、敏感肌による肌トラブルを予防することができますよ。

 

 

 

初回購入20%offでお得

30日間の返金保証つきで安心

シミウスホワイトニングリフトケアジェル公式サイトへ

 

 

 

 

肌荒れでも使える抗炎症成分を配合

ニキビや肌荒れで悩んでいる方は、肌のバリア機能が低下し、少しの刺激で炎症を起こしやすい状態です。

大人ニキビの原因は、インナードライ肌など肌の乾燥による過剰な皮脂分泌であることが多いですよね。

肌荒れをしやすい方は肌の内側からしっかりと保湿対策をする必要があります。

ニキビや肌荒れのある状態は、外部からの刺激に弱く紫外線のダメージを受けやすい状態です。

ニキビや肌荒れがある状態の肌は肌のバリア機能が低下しており、正常な肌細胞が成熟することなく肌表面に上がってきてしまい、ターンオーバーが通常よりも短くなっています。

ターンオーバーの乱れは様々な肌トラブルの原因となるため、早めに肌の炎症を抑え、肌の代謝を正常化する必要があります。

シミウスに配合されている有効成分のグリチルリチン酸は、強い抗炎症作用を持ち、バリア機能の低下を改善し、様々な肌トラブルの予防に繋がります。

グリチルリチン酸以外にも、天然由来の抗炎症作用のある成分を豊富に配合しています。

そのため、肌荒れのある人でも安心して使用することができますよ。

 

 

天然由来成分を豊富に配合

シミウスジェルは様々な天然由来成分を豊富に配合しています。

ニキビなどの炎症を抑えて肌のターンオーバーを活性化する、シコンエキスにより、肌荒れやニキビを鎮め健やかな肌に導きます。

シナノキエキスも抗菌作用が強く、ニキビや肌荒れに効果的です。

セージエキスは肌トラブル全般に効果的で、敏感肌化粧品に多く使用されている安全性の高い成分です。

トウキンセンカエキスも敏感肌化粧品に多く使用される抗炎症作用のある成分で、安全性の高い成分として有名です。

シミウスはニキビや肌荒れのある方も安心して使用することができますよ。

ただ、シミウスは正しくリンパマッサージをしながら塗布することで美白やエイジング効果を高めることができますが、炎症のある肌にマッサージをすると悪影響となるため、炎症のある部分のマッサージは控えましょう。

シミウスにはマッサージに適しているタイプのジェル(シミウスホワイトニングリフトケアジェル)と、マッサージの併用が不要なジェル(ホワイトニングリフトケア 朝ジェル)があるため、肌荒れやニキビのある方はマッサージ不要のジェルの方が肌への負担が少ないと思います。

 

 

安心の国内生産

シミウスは安心の国内生産のオールインワンジェルです。

安いオールインワンジェルの中には、海外のものも多くあります。

シミウスジェルは医薬部外品のため、製造工場の許可申請が必要になります。

一般的な化粧品の場合は、製造工場の許可申請は不要ですが、医薬部外品(薬用化粧品)の場合は、品質管理や安全性確保のために、製造工場の許可申請が必須となっています。

許可申請は、書面審査・実地審査があり、それぞれ行政機関により行われています。

医薬部外品は化粧品に比べて許可や承諾を得る必要が多く、安全性や品質管理について第三者の目で確認がされているため、安全性が高いと言えます。

外国の工場で製造している場合は、安全性や品質管理などの基準が国内とは異なるため、安全性の確認は難しいと言えます。

シミウスは医薬部外品であり、国内生産なので安全性が高い商品だと言えます。

 

 

 

初回購入20%offで安心

30日間の返金保証つきで安心

 

 

 

 

[シミウス/副作用]安全性が高い成分

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルは、天然由来の成分がたくさん入ってるので、敏感肌の人も安心してトラブルなく使うことができます。

シミウスに入っている成分のアレルギーなどごく少数の方にのみ反応することがありますが、危険性やデメリットはありません。

また、シミウスには、抗炎症作用の成分が多く含まれているため、肌のコンディションを整えるグリチルリチン酸ジカリウム(甘草エキス)などの有効成分が含まれています。

そのため、肌荒れしている人でも安心して使うことができ、むしろ肌荒れの方にこそ使ってほしいと思います。

シミウスに配合されている成分は、害のないものばかりで安心ですが、シミウスに配合されている特定の食物アレルギーがある人は摂取しないようにしましょう。

 

 

シミウスの肌荒れしない理由

シミウスホワイトニングリフトケアは、天然成分配合なので、肌荒れをしないで使うことができるので安心です。

また、ニキビや炎症がある人でも抗炎症作用がある成分の働きで副作用なく使っていただけます。

また、敏感肌の人はハイドロキノンが肌にあわず、肌荒れすることがあります。

しかし、シミウスは、白斑になると言われている成分のハイドロキノンは使われていないのでとても安全です。

 

 

シミウスでブツブツの副作用

シミウスで敏感肌の人はブツブツがみられるという人がいます。

天然成分配合であっても敏感肌やアレルギー症状の場合は、どうしても副作用として肌荒れをおこす危険性があります。

これは、添加物や防腐剤などの成分によるものではなく、あくまで個人の体質の問題なので、仕方がありません。

赤いブツブツができた場合やかゆみを感じた場合はすぐに使用を中止してください。

 

 

シミウスで乾燥でカサカサ

シミウスを使うと口周りや目元がカサカサになってしまう人がいます。

これは、シミウスを使ったから乾燥が悪化したのではなく、残念ながらシミウスだけでは保湿が足りなかったというのがその理由です。

シミウスはオールインワンゲルなので、保湿単体を売りにしている商品に残念ながら効果では負けてしまいます。

基礎化粧品を見直し、シミウスでも十分対応できるような乾燥肌を少しでも改善し、環境を整えれば全く問題ありません。

今なら、シミウスを購入すると初回限定ですが、「プレミアムマスクパック」がついてきます。

目元周りを集中ケアすることで保湿力を高める事ができます。

 

 

 

シミウスのつっぱる感覚

シミウスを使ったらつっぱるという人がいますが、ほとんどの原因が少量しか使っていない事による乾燥によるつっぱるという感覚なんです。

シミウスに限ったことではありませんが、スキンケア化粧品というのは、適量使わないと正しい効果を発揮してくれません。

ケチって少量しか使わないなら使わない方がまだマシです。

実際に使ってみるとわかりますが、シミウスの悪い評判は嘘です。

欠点を言っている人のほとんどは、正しい量を守っていません。

ただ、中にはたっぷりの量を使ってもつっぱる感覚がある人も少ないとは思いますが、いると思います。

こういう人は、シミウスで対応できないほどの超乾燥肌なので、そちらは、保湿に特化した化粧品と一緒に使うなど別の対処法が必要になってきますね。

 

 

 

\肌荒れしない化粧品/

 

 

 

[シミウス/副作用]添加物の安全性

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルは、残念ながら無添加ではありませんが、敏感肌や肌荒れしている成分が配合されているで、安全性が高く副作用はほとんどありません。

肌荒れしている人でも大丈夫な理由は、グリチルリチン酸ジカリウムという成分の抗炎症作用があるからなんですよ。

ニキビケアや毛穴ケア化粧品にも入っている安全な成分の1つです。

デメリットとしては、せいぜいアレルギー症状がある人は注意した方が良いぐらいです。

以前、ニュースにもなったカネボウ化粧品の副作用の白斑のせいで、美白化粧品はほとんど流通しなくなってしまいましたが、白斑の原因となる成分がロドデノールということがわかってことで鎮静化しました。

弊社が製造・販売した医薬部外品有効成分「ロドデノール」の配合された美白製品をお使いのお客さまに肌がまだらに白くなる白斑様症状が確認されたことを受け、2013年7月4日に自主回収を公表、当該製品の回収に努めてまいりました。

発症されたお客さま、ご家族の皆さま、関係者の皆さまに多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。

弊社は、今後も発症されたお客さまの回復に向け誠実に対応してまいります。

引用元:カネボウ化粧品

 

シミウスの防腐剤の安全性

シミウスホワイトニングリフトケアジェルには、防腐剤としてパラペンの1種が含まれています。

シミウスに限らず多くの化粧品は品質を保つために、残念ながら防腐剤をいれざるを得ません。

防腐剤なしの無添加というのは、現在の技術ではかなり難しいというのが現状です。

防腐剤フリーのスキンケア商品もないわけではないのですが、商品の寿命が極端に短く、使いきる前に消費期限を迎えてしまうこともあります。

確かにまれに敏感肌の方にはアレルギー反応を起こすことがありますが、配合量は少量なのでまず問題ありません。

 

シミウスパラペン

防腐剤の中でもパラペンが一番安全性が高く、特にシミウスに配合されているパラオキシ安息香酸メチルは特に安全で副作用はまずありません。

ただし、まれに敏感肌の方はアレルギー反応を起こす可能性があります。

パラペンフリーをアピールするためには、他の防腐剤を入れる必要があるので、かえってパラペンをいれるより害が多くなってしまいます。

シミウスでは、パラペンフリーを言わない代わりに、未開封で3年、開封後でも半年は持つ商品です。

パラオキシ安息香酸エステル(パラオキシあんそくこうさんエステル、para-hydroxybenzoate)は、安息香酸エステルのパラ位にフェノール性ヒドロキシ基を持つ有機化合物群の呼び名である。主に飲料向けの防腐剤として使用されているが食品・医薬品あるいは化粧品の防腐剤成分名として掲示する場合に、製品に複数種含まれるパラオキシ安息香酸エステルを総称してパラベン(paraben)と呼称される。フェノール部分は塩を形成するためナトリウム塩などの形で使用される場合もある。

引用元:wikipedia?

 

 

シミウスのエタノール

シミウスには、フェノキシエタノールという防腐剤が入っています。

名称にはエタノールとは言っていますが、エチルアルコールではないので、当然ながら飲む事ができません。

微生物の増殖を防ぎ、化粧品の品質を持続させる成分です。

空気中や指なのに付着してい雑菌が容器の中に入ってしまっても安心な防腐剤です。

副作用がなく安心な成分です。

フェノキシエタノールは、ホルムアルデヒドを放出する防腐剤の代用として使用され[5]。日本及び欧州連合では、化粧品への使用濃度が1%に制限されている[6]、ワクチンなどの医薬品・化粧品・染料・インク・樹脂・潤滑剤用の防腐剤として用いられる場合がある。

フェノキシエタノールのその他の用途としては、塗料の防黴剤[4]、香料の保留剤(英語版)、防虫剤、織物の捺染助剤、写真フィルムの添加剤、消毒薬、アセチルセルロースの溶媒、水産養殖用の麻酔薬、有機合成化学に利用される。また、第4級アンモニウム化合物と同様に、農薬用の殺菌剤やゲル化安定剤としても使用される。

引用元:wikipedia

 

 

 

シミウスの着色料の副作用

シミウスホワイトニングリフトケアジェルには、着色料が使われています。

着色料は青1と赤106というものです。

青1は多くの製品に使われ、なじみがあるところでお菓子のラムネなどに使わています。

ブリリアントブルーFCF (Brilliant Blue FCF) は、青色に着色することのできる着色料。食用タール色素に分類される合成着色料である。通称青色1号(あおいろいちごう)。常温では金属光沢のある赤紫色の粒状の固体で、無臭である。分子式はC37H34N2Na2O9S3、分子量792.86。CAS登録番号 : 3844-45-9、INS番号 : 133。工業的には、ベンズアルデヒドスルホン酸とエチルベンジルアニリンスルホン酸を反応させたものを酸化させることによって作り出す。

主に食品添加物や工業製品の着色用途として使用される。旧厚生省は天然に存在しない添加物に分類している[1]。EUでは食品添加物(E番号:E133)として認可されているが、ベルギー、フランス、ドイツ、スウェーデン、オーストリアは国として禁止している。[2][3]。またアメリカでは連邦食品・医薬品・化粧品法(FD&C法)[4]に基づき、”FD&C Blue No. 1″として食品(医薬品または化粧品)添加物として認可されている[5]

大腸の内視鏡検査で腺腫かどうかの判別のための染色液としても使用される。

FAO/WHO合同食品添加物専門家会議 (JECFA) の毒性試験では短期毒性、長期毒性および発がん性は確認されていない[6]。国際癌研究機関 (IARC) の発がん性リスク評価においても発がん性が確認できていない(Group 3)。

引用元:wikipedia

 

 

着色料は青1は、FAO/WHO合同食品添加物専門家会議 (JECFA) の毒性試験や国際癌研究機関 (IARC) の発がん性リスク評価で毒性や発がん性がない事が確認されています。

赤106は、普段食べているソーセージやハムなどに使われています。

アシッドレッド(Acid red)は、赤色に着色することのできる着色料。タール色素に分類される合成着色料である。通称赤色106号(あかいろひゃくろくごう、Food Red No.106)。

IUPAC名は6-[3,6-ビス(ジエチルアミノ)キサンテニウム-9-イル]ベンゼン-1,3-ジスルホン酸一ナトリウム。ベンズアルデヒドスルホン酸とジエチル-m-アミノフェノールを反応させたのち酸化することにより得られる。

主に工業製品の着色用途や食品添加物、試薬として使用される。旧厚生省は天然に存在しない添加物に分類している[1]。食品添加物用途では日本のみで許可されている。

引用元:wikipedia

 

国として、使用が許可されているので安全な着色料という事で、間違いありません。

 

 

 

 

\添加物が安全な化粧品/

 

 

 

 

[シミウス/副作用]危険性がなく安全な理由

 

シミウスは、安全性に配慮された成分が多数あります。

デメリットとしては、無添加ではなく、防腐剤や着色料が入っていることですが、副作用がなく、多くの化粧品に含まれているものばかりなので、トラブルになったことはありません。

ほとんどが害のない成分ばかりです。

また、敏感肌に人にアレルギー反応を起こすようなものであっても少量なのでほとんど問題になることはありません。

 

 

妊娠中や授乳中もシミウスは副作用がない

シミウスは、妊娠中や授乳中でも副作用なく、問題なく利用できます。

むしろ、妊娠中や授乳中は通常期とホルモンバランスが大きく変わってしまい、シミやソバカスができやすくなり、中には白斑を発症してしまう人もいますので、シミウスを積極的に使っていきましょう。

白斑は妊娠の何らかのトラブルで、メラノサイトが喪失することで白い領域が現れる病気ですので、早めの対応が必要です。

ただ、産前産後は、通常と違い肌が敏感になっているので、過度なマッサージは控えましょう。

また、過剰摂取はさけ、体の不調を感じたら摂取は控えましょう。

シミウスは、体のバランスが崩れやすい妊娠中や産後であっても安心して使えます。

 

 

シミウスのアレルギー症状

シミウスの成分表をみていだき、アレルギー反応があるものが入ってる場合は利用を控えてください。

アレルギー症状がなくても授乳中は、体質が変わってしまって副作用を起こす場合もありますので、ご注意ください。

アレルギーは、授乳中に限らず、体調によって発症することもあります。

例えば、シミウスに含まれてるプラセンタエキスでアトピー性皮膚炎になる方もいます。

また、プロプレングリコールは、ごくまれですが、敏感肌方はアレルギー反応を起こす人もいますので敏感肌方は、パッチテストをする必要がありますね。

 

 

敏感肌の方のシミウス

敏感肌の人でもシミウスは使うことができます。

敏感肌の人は、使える化粧品が限られているので、選ぶのがとても大変ですよね。

また、同じ敏感肌であっても、乾燥性敏感肌の人など個人差が大きいので試してみる方はありそうです。

シミウスは確かに無添加ではないのですが、あまりに無添加にこだわりすぎてしまうとますます化粧品の選択肢は少なってしまうので、考えモノです。

無添加でなくても、肌が弱い人でも安心な肌に優しい成分だけのシミウスはおすすめです。

 

 

 

\肌に優しい成分だけの化粧品/

 

 

 

[シミウス/副作用]肌トラブルや注意点

 

 

ネットを調べるとシミウスの悪い評判があります。

しかし、実際に調べてみると定期コースと解約に関する苦情が多かったです。

シミウスは解約可能な定期コースしかありませんので、うっかり期間中に返品をしないと自動的に定期コースに移行します。

そうなると自動的にシミウスが送られてくるので、悪い評判につながっていると思います。

なかには黙れされた!最悪!おすすめできない!と思う人もいるかもしれませんね。

逆に製品の危険性に関してはほとんど悪い評判はなく、敏感肌の人でも安心して使える成分が多く含まれています。

 

 

シミウスで赤くならない理由

シミウスは抗炎症作用の成分が入っていますが、全ての人が赤くならないというわけではありません。

やはり敏感肌や乾燥肌の人は、個人差がありますが、赤くなってしまう場合があります。

特に敏感肌の人はさらに肌に優しい商品を選択した方が良いかもしれませんね。

全員ではありませんが、シミウスに敏感肌の方の一部の方にアレルギー反応を起こす可能性がある成分が配合されています。

敏感肌であれば、全員がアレルギー反応を起こすわけではないのではありません、テストパッチなどをしてからがおすすめです。

 

 

シミウスでかゆみがでない理由

シミウスでかゆみがでない理由は、配合成分のグリチルリチン酸ジカリウムの効果です。

むしろ、かゆみを抑える成分がはいっているという事なんですね。

また、かゆみは乾燥していると起きやすいです。

シミウスには、プラセンタエキスなどの保湿成分がたっぷり入っているので、その点は安心ですね。

ただし、敏感肌の人はアレルギー反応を発症してしまう人がいるので、できれば事前にパッチテストを行うといいでしょう。

 

 

 

シミウスの匂い

シミウスの匂いは、香料がついているのでありますが、さわやかな香りがわずかについているだけです。

成分に香料と書いてありますが、実際には、ほとんど気づかないようなほのかな香りです。

香りに関しては、好き好きがあると思いますが、独自の匂いではないので、気になる人はいないと思いました。

 

 

 

\トラブルの少ない化粧品/

 

 

 

 

[シミウス/副作用]何歳から使えるのか/小学生や10代でも安心?

 

シミウスは、何歳からとかではなく、年齢関係なく、使うことができます。

子供でも使うことができる安全なオールインワン化粧品です。

ネットの口コミを調べると10代も多くいました。

シミはくすみで生まれつき悩んでいる方や別の病気で年齢より老けて見える方には有効な化粧品かもしれません。

40代になって急にシミ対策を始める方もいますが、正直遅いです。

シミはそれまで生きてきた年齢分だけ浴びてきた紫外線の量によって現れます。

顔の表面に出ていなくても将来シミのを遅らせたり、減らすことは若いうちから対策する必要があります。

 

 

 

\シミ対策は20代から/

 

シミウスで心配な成分まとめ

濃グリセリン 安全性が高い成分として幅広く使用される。
ブチレングリコール 低刺激な成分なので敏感肌でも刺激を受けにくい。
シコンエキス 外用として使用する場合には副作用は発現しない。
ペンタンジオール 安全性が高いことでも有名。
水溶性コラーゲン液 外用の場合には副作用がない。
サクラ葉抽出液 天然由来の植物成分なので副作用が出にくい。
カルボキシビニルポリマー 安全性の高い成分。
水酸化カリウム 酸化・中和させることで危険性がなくなる。
パラオキシ安息香酸メチル 配合量は微量で安心。
フェノキシエタノール 敏感肌の方はアレルギーを起こす可能性あり。
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 敏感肌の方はアレルギーを起こす可能性あり。
プラセンタエキス 哺乳類(ブタ)の胎盤のため安心。
グリチルリチン酸ジカリウム 使用が長続きすれば副作用の可能性あり。

 

\詳しくは公式サイトへ/