[シミウス・シミトリー 比較]どっちがいい?違い(成分・価格・シミへの効果)を比較

[シミウス・シミトリー 比較]どっちがいい?違い(成分・価格・シミへの効果)を比較

[シミウス・シミトリー 比較]どっちがいいの?違いについて徹底比較しました

 

シミウスとシミトリーを比較し、どっちがいいのか?違いはどこなのか?などについて検証をしたので紹介します。

シミトリー(SIMIUSU)とシミトリー(SimiTRY)は、どちらも薬用美白オールインワンジェルです。

2つとも医薬部外品(薬用)なので、余計に違いが分からない!と言う声が多いですね。

2つとも医薬部外品で薬用美白オールインワンジェルですが、それぞれに美白有効成分の種類がことなります。

薬用美白化粧品は、美白有効成分を表示・記載することができ、厚生労働省が美白効果があると認めている美白有効成分を規定量配合している化粧品です。

薬用美白化粧品は「シミやくすみの予防効果があります。」など効果についても表記することができます。

同じ医薬部外品のシミウスとシミトリーですが、販売実績(発売日・累計販売個数)を比較すると、圧倒的にシミウスの方がロングセラー商品であることが分かります。

ずっと長いあいだ、美肌オールインワンジェルとして人気なのがシミウスと言えます。

さまざまな方に支持されている人気の商品を試してみたい方はシミウスがおすすめです。

いろいろな美白化粧品を試してみたい方はシミトリーがおすすめですよ。

 

 

シミウス(SIMIUSU)の公式サイトをみる

 

シミトリー(SimiTry)の公式サイトをみる

 

 

 

[シミウス・シミトリー 比較]配合成分や効果で比較/美白有効成分の違い

 

シミウスとシミトリーの全成分から効果・効能について検証しました。

2つとも同じ薬用美白オールインワンジェルですが、美白有効成分の種類が異なります。

美白有効成分は、厚生労働省が認定している20数種類の成分があり、指定された成分を規定量の範囲で配合しているものは薬用化粧品と名乗ることができます。

一般的な美白化粧品は美白成分は配合されていても、厚生省が認定している美白有効成分ではない成分であったり、配合量が規定量よりも少ないなどがあります。

美白効果を実感したい方は、一般的な美白化粧品よりも薬用美白化粧品がおすすめですよ。

 

 

シミウスとシミトリーの成分を比較・美白有効成分の違いについて

 

シミウスの全成分 シミトリーの全成分
【有効成分】
グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス【その他の成分】
精製水、1.3-ブチレングリコール、濃グリセリン、プロピレングリコール、1.2-ペンタンジオール、水溶性コラーゲン液、シコンエキス、サクラ葉抽出液、ヒアルロン酸ナトリウム、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス、トウキンセンカエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、カリボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル重合体、水酸化カリウム、パラオキシ安息香酸メチル、フェノキシエタノール、エタノール、青1、赤106、香料
【有効成分】アルブチン

【その他の成分】フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

 

 

シミウスの美白有効成分は「プラセンタエキス」と「グリチルリチン酸ジカリウム」の2種類です。

シミトリーの美白有効成分は「アルブチン」1種類のみです。

 

 

シミウスの美白有効成分・プラセンタエキスについて

 

化粧品に配合されているプラセンタエキスは主に豚の胎盤から抽出された成分です。

医薬品に配合されているプラセンタエキスは主にヒトの胎盤から抽出された成分です。

美白有効成分としてプラセンタエキスが配合される際は、チロシナーゼの活性を抑制・メラニンの生成抑制の目的で用いられます。

紫外線を浴びたり、肌に強い刺激を与えたり、炎症が起きたりすると肌は防御反応としてメラニンの生成を活性化して肌を守ろうとします。

メラニンは本来なら肌のターンオーバーを共に排出されますが、過剰にメラニンが生成されてしまうとターンオーバーを共に排出ができずに肌の奥に留まり、シミやソバカスの原因となります。

プラセンタエキスは、メラニンの生成を活性化する酵素であるチロシナーゼの活動を抑制することで、メラニンの生成を抑制する働きがあります。

プラセンタエキスはシミやそばかすの予防に効果的な成分です。

 

 

シミウスの美白有効成分・グリチルリチン酸ジカリウムについて

 

シミウスの美白有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムは、甘草の根や茎から抽出される成分で、ポリフェノールをはじめとした成分を含んでいます。

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用や抗ウィルス作用が強く、肌あれやニキビ・ニキビ跡の改善に効果的な成分とされています。

直接シミやそばかすにアプローチする成分ではありませんが、メラニンの生成を活性化する原因となる肌の炎症を鎮めることで、シミやそばかすを予防する効果が期待できます。

グリチルリチン酸ジカリウムは、これ自体に美白効果があるのではなく、肌の炎症(肌あれやニキビ・ニキビ跡など)を抑えることでメラニンの生成を抑制し、新たなシミやそばかすを予防することができます。

グリチルリチン酸ジカリウムは、抗炎症作用が強いためニキビ化粧品に多く配合されている成分です。

 

 

 

シミトリーの美白有効成分・アルブチン

 

シミトリーに配合されている美白有効成分のアルブチンは、ハイドロキノン誘導体とも呼ばれ、メラニンの生成を活性化する酵素であるチロシナーゼに直接作用することでメラニンの生成を阻害する働きがあります。

ハイドロキノン誘導体とハイドロキノンは全く別の成分で、肌の漂白剤と言われるハイドロキノンのように強力な美白効果はありません。

アルブチンはβ型とα型があり、α型アルブチンの方がβ型アルブチンの10倍上の美白効果があるとされています。

シミトリーの全成分表示では「アルブチン」と表記されているので、β-アルブチンを指しています。

α-アルブチン配合の場合は、そのように記載されており、一般的にはアルブチンと全成分表示に記載されている場合はβ-アルブチンを指しています。

ハイドロキノン誘導体(β-アルブチン)が美白有効成分として配合されていますが、美白効果は高くないと言えます。

 

 

しっかりとシミをケアしたい方は「シミウス」がおすすめ

 

シミウス、シミトリーは2つとも医薬部外品の美白オールインワンジェルです。

どちらも「シミやそばかすの予防に効果的」と記載されており、新しいシミやそばかすを予防する効果が期待されます。

しかし、美白有効成分を見るとシミウスは2種類の美白有効成分が配合されており、それぞれがシミへのアプローチが異なる成分です。

肌荒れやニキビ・ニキビ跡など、肌の炎症はシミやそばかすの原因となるため、抗炎症作用や抗酸化者王のある成分を配合しているシミウスは、シミトリーよりしっかりとシミをケアしたい方におすすめです。

シミトリーは美白有効成分が1種類しか配合されていませんし、β-アルブチンの美白効果はごくわずかなので、新しいシミやそばかすを出来にくくする効果は期待できますが、できてしまったメラニンの排出は期待できません。

よりしっかりとシミをケアしたい方は、シミトリーよりもシミウスの方が満足度が高いのではないでしょうか。

 

 

シミウスとシミトリーを比較/天然由来成分の種類と効果

 

項目 シミウス シミトリー
天然由来成分 ヒアルロン酸 サクラ葉抽出エキス シコンエキス アルニカエキス シナノキエキス スギナエキス オトギリソウエキス セージエキス ゼニアオイエキス カモミラエキス トウキンセンカエキス(11種類) フラバンジェノール ビルベリー葉エキス ユキノシタエキス マロニエエキス カンゾウフラボノイド 天然ビタミンE セラミド3 オリブ油 スクワラン シア脂(10種類)

 

シミウスもシミトリーも10種類以上の天然由来エキスを配合している

 

シミウスもシミトリーも10種類以上の天然由来エキスを配合しており、保湿力が高い成分を豊富に配合しています。

シミウスは植物から抽出したエキスを中心に配合しているため、瑞々しくサラッとしたテクスチャーが期待できます。

シミトリーは油分の多い天然成分(スクワラン、オリブ油、シア脂など)が多く、ややこってりとしたテクスチャーとなり、油分で保湿をするような配合になっています。

シミウスの全成分を見ると、配合量の多い成分としてコラーゲンやヒアルロン酸などが豊富に含まれています。

シミウスはダブルクリスタル製法を取り入れ、2層のジェルの外側は保湿効果の高い成分とし、ジェルの内側には肌なじみの良い天然由来成分を配合しています。

そのため、ジェルのテクスチャーはややこってりとして保湿力があるが、ジェルの内側の美容成分は肌の奥まで浸透しやすい作りになっています。

シミトリーの全成分を見ると天然由来成分の配合が多く、シミウスよりも水っぽいテクスチャーになりそうです。

サラッと肌に馴染みやすい反面、保湿効果が低くなる可能性があります。

全成分表示から、シミウスはシミトリーよりも保湿効果が高いジェルだと言えます。

オールインワンジェルだけだと肌がつっぱってしまう方や、乾燥肌の方はシミトリーよりもシミウスの方がおすすめです。

 

 

シミウスの公式サイトをみる

 

 

シミウスは王道の保湿成分が豊富/シミトリーの保湿成分はフラバンジェノール

 

シミウスは保湿成分として昔から幅広く使用されている、ヒアルロン酸やコラーゲンを豊富に配合することで高い保湿効果を得ることができます。

シミトリーに配合されている保湿成分で最も注目する成分はフラバンジェノールです。

フラバンジェノールは、フランスの海岸松の樹皮から抽出されるエキスで、ポリフェノールやビタミンB群を豊富に含む美容成分です。

フラバンジェノールの美容効果はビタミンCの600倍、コエンザイムQ10の250倍とされており、今注目の成分です。

しかし、フラバンジェノール配合の化粧品はまだ少なく、保湿効果に関する実験データも少ないため、保湿効果の実力ははっきりとはしません。

フラバンジェノールを主成分としている化粧品は少なく、馴染みのない成分とも言えます。

さまざまな美白オールインワンジェルを試していみたい!と言う方や、新しい商品はとにかく試したい!と言う方はシミトリーがおすすめです。

シミウスは販売実績1,000万個を突破したベストセラー商品であり、保湿力の高いオールインワンジェルとして継続的に人気があります。

シミウスは王道の保湿成分(水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸、シコンエキス、サクラ葉抽出液など)を豊富に含んでおり、高い保湿効果が期待できますよ。

 

 

シミウスの公式サイトをみる

シミトリーの公式サイトを見る

 

 

シミウスとシミトリーを機能性で比較/1つで何役あるの?

 

シミウス シミトリー
化粧水

乳液

アイクリーム

保湿

美容液

マッサージ

クリーム

パック

化粧下地

美白

(1つで10役)

美白化粧水

美白美容液

乳液

美白クリーム

化粧下地

アイクリーム

パック

マッサージ

保湿

(1つで9役)

 

シミウスは1つで10役、シミトリーは1つで9役のオールインワンジェルです。

シミウスはマッサージを併用することが推奨されているため、マッサージに適したやや固めのテクスチャーとなっており、続けるたびにリフトアップが叶う商品です。

シミトリーはマッサージの併用は不要で肌への浸透力は高いのですが、リフトアップ効果は期待できません。

シミウスは1つで、シミ・しわ・たるみ(リフトアップ)効果が期待できます。

シミトリーは1つで、シミやくすみへの効果が期待できます。

シミだけではなく、しわやたるみなどのエイジングサインが気になる方はシミウスがおすすめです。

シミウス公式サイトへ

 

スキンケアはなるべく時短したい方はマッサージ併用が不要なシミトリーがおすすめです。

シミトリー公式サイトへ

 

 

 

 

[シミウス シミトリー/比較]どっちがいい?@コスメの評価・口コミから違いや効果を検証

 

シミウスとシミトリーの比較では、結局どっちがいいのか分からない!と言う方が多いと思います。

そんな時は、辛口の評価が多い@コスメの評価や口コミを参考にしてみるのも良いですね。

@コスメの口コミ件数を見ると、シミウスは口コミ数2009件、シミトリーの口コミ数は388件でした。

口コミ数で言うとシミウスの方が圧倒的に多いですね。

シミウスの発売開始日は2011年8月で、販売開始から8年が立つベストセラー商品です。

そのため、2017年8月発売開始のシミトリーと比べると口コミ数が圧倒的に多いのです。

累計販売個数を見ると、シミウスは累計1,000万個突破、シミトリーの累計販売個数は記載がないため不明となっています。

では、それぞれの商品の総合評価、美白効果などについて紹介します。

 

 

シミウスの@コスメでの評価/✩5.2

 

シミウスの@コスメでの総合評価は✩5.2です。

✩5以上の評価は辛口の評価や口コミの多い@コスメでは良い点数ですね。

口コミを投稿している方の年代を見ると、シミウスは30代・40代が多く、20代や50代以降は少ないようです。

シミウスは30代・40代の女性に指示されている商品と言えますね。

シミウスの@コスメの口コミを見ると、良い評価をしているのは「モニターの人ばかり」との悪い口コミも見かけますが、全ての口コミを見てみると確かにモニターに選ばれた方の投稿も多数見かけますが、通常購入している一般のユーザーの方が圧倒的に多く、一般のユーザーも高評価を付けいているので、モニターの人数が多いから総合評価が高いと言うのは勘違いかな?と思います。

シミウスの高評価は、くすみが解消した、リフトアップ効果が見られた、そばかすが気にならなくなったなどが多く見られますね。

 

 

シミトリーの@コスメでの評価/✩5.3

 

シミトリーは@コスメでの総合評価は✩5.3です。

@コスメの✩5.3はすごく高評価と言えます。

シミトリーの口コミをしているユーザーは30代前半が最も多く、30代後半、40代、20代後半の順になっています。

シミウスもシミトリーもメインのユーザーは30代・40代の女性と言えそうですね。

シミトリーで高評価となっているのは、伸びの良さ、肌なじみの良さ、テクスチャーの良さなどが目立ちます。

肌なじみが良く保湿力が高いのが高評価の理由のようですね。

 

 

 

シミウスとシミトリーの口コミを比較/美白効果を実感できるのはどっち?

 

@コスメでの口コミを元に、美白効果への口コミの数、評価、口コミなどについて検証しました。

@コスメでは、さまざまな効果に絞っての口コミを検索することができます。

シミウスとシミトリーでは、美白効果への口コミについてそれぞれ検証しました。

 

 

シミウスの美白効果への口コミは?

 

シミウスの口コミのうち「美白効果」に関する口コミのみの統計を見ると、全口コミ数2009件のうち美白効果で✩4以上をつけた方は919人でした。

また✩5以上をつけた方は844人でした。

全口コミ数2009件のうち、美白効果で✩5以上をつけたのが844件なので、約42%の人は美白効果が高いと実感していることになります。

シミウスは美白効果を実感できる可能性が高いオールインワンジェルと言えますね。

 

シミウスの公式サイトをみる

 

 

シミトリーの美白効果への口コミは?

 

シミトリーの口コミのうち「美白効果」に関する口コミのみの統計を見ると、全口コミ数388件のうち美白効果で✩4以上をつけた方は33人でした。

さらに✩5以上をつけた方は26人でした。

シミトリーを使用した方の約10%が美白効果を実感していると言うことになります。

美白効果よりも、くすみへの効果や保湿効果を実感した方も多数いるので、まずますの結果かな?と思います。

 

シミトリーの公式サイトをみる

 

 

 

シミウスとシミトリーの比較/人気の美白化粧品の口コミ評価と比較

 

人気の美白化粧品はたくさんありますよね。

@コスメではテレビなどで見かける有名な美白化粧品が低評価だったり、全く無名の商品が高評価だったり、本音の口コミを見ることができます。

同じく美白化粧品として人気のある、パーフェクトワン・エニシングホワイト・シズカゲル・フィトリフト・ピュアメイジング・メディプラスゲルと、シミウス・シミトリーに口コミを比較しました。

それぞれの商品の総合評価や口コミ件数などを比較して、本当に人気のオールインワンジェルはどれなのか検証しました。

 

商品名 @コスメでの総合評価 @コスメの口コミ件数
パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル ✩4.5 351件
エニシングホワイト(旧) ✩5.0 430件
オールインワン シズカゲル ✩4.6 177件
フィトリフト ✩4.9 361件
ピュアメイジング 薬用Wオールインワンジェル ✩5.1 211件
メディプラスゲル ✩5.3 920件

 

人気のオールインワンジェルの@コスメでの総合評価と口コミ件数を比較しましたが、やはり人気商品と言うことで評価の高い商品が多いですね。

これだけ有名で人気の高い商品でも✩5以上の評価はなかなかつきませんし、シミウスの総合評価と口コミ件数はやはり圧倒的と言うことが分かりますね。

「オールインワンジェルが多すぎてどれを選べた良いのか分からない・・・。」

「なにを基準に化粧品を選べば良いか分からない・・・。」

オールインワンジェルはたくさんの種類があり、どれを選んだらよいのか分からないと言う声が多いですよね。

そんな時は、ユーザーの本音が分かる@コスメの評価や口コミを参考に選ぶのみ1つの手だと思います。

シミウスは、「保湿力」「シミへの効果」「くすみへの効果」「美白効果」「リフトアップ効果」などで高い評価を得ています。

どのオールインワンジェルを選んだら良いか分からない、シミウスとシミトリーのどっちがいいのか迷っている方は、「シミのケアを本格的に行いたい」方はシミウスを、「たくさんの薬用美白オールインワンジェルを使って比べてみたい」方はシミトリーを選ぶとよいと思います。

肌質によって合う合わないは、実際に使ってみなければ分かりません。

シミウスもシミトリーも、どちらも実力のある薬用美白オールインワンジェルですし、どちらも高い保湿効果・美白効果が期待できます。

どちらを選んでも失敗はないと思いますが、シミやそばかす対策に本気で取り組みたい方はシミウスがおすすめです。

 

シミウスの公式サイトを見る

 

 

 

[シミウス シミトリー/比較]価格で比較・どっちがお得?安く買う方法や返金保証について

 

シミウス、シミトリーを価格で比較しました。

シミウスもシミトリーも、どちらも薬用美白オールインワンジェルで、価格帯もほぼ同じです。

価格が全く異なれば、続けやすい価格の方をおすすめしたいのですが、価格帯がほぼ同じなので、安く買う方法や返金保証などで選ぶとよいと思います。

では、返金保証があり安心して購入ができるのはどちらか紹介していきます。

 

 

シミウスとシミトリーを比較/初回購入価格はいくら?

 

シミウスとシミトリーの初回購入価格を比較しました。

初めてネットから購入する方限定の価格となります。

どちらも公式サイトの限定価格です。

 

項目 シミウス シミトリー
初回購入価格 3,795円 3,685円
割引率 20%off 26%off
送料 無料 無料

 

シミウスの初回購入価格は「3,795円」、シミトリーの初回購入価格は「3,685円」で、シミトリーの方が110円安く購入することができます。

でも、わずか110円の差なので、あまりお得感を感じませんよね。

では、2回目以降の価格を見てみましょう。

 

項目 シミウス シミトリー
2回目以降の購入価格 3,795円 3,981円
割引率 20%off 20%
送料 無料 無料

 

シミウスは初回購入価格も2回目以降の購入価格も同じ20%offの「3,795円」です。

シミトリーは初回購入価格はシミウスよりも110円安くなっていますが、2回目以降はシミウスより「186円」高くなってしまいます。

シミトリーは初回購入の割引率は26%でお得ですが、2回目以降の割引率は20%に低下します。

ずっと継続するなら少しでも安い方がよいですよね。

2回目以降もずっと20%offで購入することができるシミウスはお得でおすすめです。

 

 

シミウスとシミトリーの比較/どうやったらお得に買えるの?

 

シミウス、シミトリーをお得に購入する方法について比較しました。

シミウスもシミトリーも楽天やAmazonで購入することができます。

しかし、楽天やAmazonでは公式サイトの価格よりも割高になってしまったり、送料が発生することが多く、公式サイトでの購入が最もお得に買えることが分かりました。

 

 

項目 シミウス シミトリー
公式サイト価格 3,795円(送料無料) 3,685円(送料無料)
楽天(最安値) 6,830円(送料650円) 6,749円(送料無料)
Amazon(最安値) 5,200円(送料650円) 5,300円(送料650円)

 

 

シミウスもシミトリーも楽天やAmazonで購入することができます。

しかし、公式サイトでの購入に比べると3,000円ほど高く、また送料もかかるので勿体ないですよね。

シミウスやシミトリーを最もお得に買う方法は、公式サイトから購入することです。

公式サイトから購入する時に注意が必要なのは、公式サイトでは1つのみの単品購入は不可であり、定期コースでの販売価格となります。

しかし、シミウスもシミトリーも2回目以降は好きな時に解約することができるため、単品購入ができないからと言う理由で楽天やAmazonで購入するのは辞めた方が良さそうですね。

公式サイトからの購入なら、初回から2回目以降もずっと送料は無料になるので、楽天やAmazonと比べてかなり特に購入することができますよ。

 

 

 

[シミウス シミトリー/比較]安全性・副作用の比較/添加物は?敏感肌でも安心なのはどっち?

 

シミウスとシミトリーを安全性や副作用の有無で比較しました。

シミウスとシミトリーに含まれる成分や添加物について検証しました。

敏感肌や子供でも安心して使えるのはどっちか見てみましょう。

 

 

シミウスとシミトリーを比較/配合されている成分(添加物)で比較

 

シミウスとシミトリーに配合されている成分(添加物)を比較しました。

シミウスもシミトリーも100%オーガニックの化粧品ではないので、何かしらの添加物は含まれています。

化粧品は、品質保持の観点から必要な添加物と不要な添加物があります。

必要な添加物は品質保持のために不可欠ですが、不要な添加物はなくても製造ができるため、なるべく避けたほうが安心です。

添加物と聞くと一律に悪いもののように感じますが、実際は品質維持のために添加されている成分であり、肌や体への影響はほぼないものです。

危険性の高い添加物や不要な添加物が含まれているのか見てみましょう。

 

 

シミウスとシミトリーを比較/配合されている成分(添加物)は?

 

項目 シミウス シミトリー
安定剤(乳化安定剤) 1.3-ブチレングリコール(BG)  プロピレングリコール(PG)  1.2-ペンタンジオール  ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油(PEG) 1,3-ブチレングリコール  水素添加大豆リン脂質
防腐剤・抗菌剤 パラオキシ安息香酸メチル  フェノキシエタノール  エタノール 硬化ナタネ油アルコール  1,2-ペンタンジオール  フェノキシエタノール
増粘剤 カルボキシビニルポリマー  アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー  水酸化カリウム アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体  カルボキシビニルポリマー  アルギン酸ナトリウム  水酸化ナトリウム
保湿剤 濃グリセリン  水溶性コラーゲン液 N-ステアロイルフィストフィンゴシン(セラミド3) トリイソステリアン酸グリセリン
美容成分 3-O-エチルアスコルビン酸(ビタミンC誘導体)  テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル(ビタミンC誘導体)
着色料 青1  赤106 なし
香料 香料 なし

 

 

シミウスもシミトリーも100%オーガニックの化粧品ではないので、品質保持の観点から抗菌や防腐を目的とした成分や、ジェル独特の感触を出すための増粘剤、テクスチャーを安定させる乳化安定剤、美容成分や保湿成分などさまざまな添加物が配合されています。

シミウスとシミトリーに配合されている成分(添加物)で大きく異なるのは、シミトリーの方が不要な添加物の配合が少ない点です。

シミウスはさまざまな用途で添加物が配合されているのに対して、シミトリーは7種類の無添加となっています。

シミトリーは「パラベン」「アルコール(エタノール)」「界面活性剤」「香料」「着色料」「鉱物油」「シリコーン」の7種類が無添加です。

しかし、この7種類の合成成分は無添加ですが、植物由来の成分を代替え成分として配合しています。

また、化粧品は抗菌剤や防腐剤などを配合しなければ品質維持が難しく、添加物を配合しないことで逆に肌あれなどを起こす可能性もあります。

添加物が入っているから全て肌に悪いと言うことではなく、必要な添加物と不要な添加物を見極めることが重要です。

シミウスは、着色料や香料などを配合することで、水色で良い香りを出していますが、香料や着色料は化粧品の品質維持の観点からは不要な添加物と言えます。

これらの不要な添加物が入っている化粧品はあまりおすすめできません。

シミウスは不要な添加物が含まれますが、シミトリーは不要な添加物が含まれていないため、肌に優しい処方と言えます。

敏感肌の方や、肌に優しい化粧品を求めている方はシミトリーの方がおすすめです。

 

シミトリーの公式サイトを見る

 

 

 

 

[シミウス シミトリー/比較]使い方で比較・使いやすいのはどっち?

 

シミウスとシミトリーを使い方で比較しました。

シミウスは「マッサージジェル」で、マッサージと併用して塗布することが推奨されています。

マッサージの目的はリンパの流れを改善し、むくみやくすみのない状態にすることです。

シミトリーはマッサージの併用の推奨はなく、塗布するのみの一般的なオールインワンジェルです。

では、使い方や使いやすさなどの違いについて紹介します。

 

 

シミウスとシミトリーを比較/使い方は?

 

シミウスとシミトリーの使い方の違いやテクスチャーの違いについて紹介します。

 

シミウスの使い方とテクスチャ

 

シミウスは公式サイトにも表示されているように「美白マッサージ」を併用しながら塗布することが推奨されています。

美白マッサージ1・リンパ節をほぐす

血流が悪いとリンパ節がつまり、老廃物が貯まります。

老廃物が溜まることで、むくみやくすみの原因となります。

老廃物がつまるとリンパ節は固くなってしまうので、マッサージの前に固くなったリンパ節をほぐして柔らかくします。

 

美白マッサージ2・頬の下の筋肉をほぐす

頬の下にはたくさんの神経や筋肉が通っています。

普段からたくさんおしゃべるをする人や顔のマッサージなどをしている方は筋肉が動くため柔らかくなっています。

顔の筋肉は使わないでいると固くなり、たるみやくすみの原因となります。

頬の下の大きな筋肉をほぐすことで、くすみやたるみを解消していきます。

 

美白マッサージ3・顔全体を流す

リンパ節や筋肉をほぐすと、老廃物や血液が流れやすくなるため、顔全体を引き上げるようにマッサージをすることで余分な老廃物が排出されむくみが解消します。

むくみが解消することで、フェイスラインの崩れが解消しリフトアップに繋がります。

また、老廃物が流れることでくすみが解消します。

 

美白マッサージ4・鎖骨に流す

老廃物は鎖骨の下の大きなリンパ節に排出されます。

最後は鎖骨下のリンパ節に老廃物を流すために、首やデコルテまでマッサージをします。

このようにすると、顔全体の余分な老廃物が流れるため、翌朝のむくみやくすみの解消につながりますよ。

 

シミウスは美白マッサージを推奨しており、マッサージをしながらジェルを浸透させます。

マッサージに適したテクスチャーのためやや固く肌に浸透するまでに時間がかかります。

でも、マッサージを毎日行うことでリフトアップ効果や、くすみの解消につながり好評となっています。

毎日の5分程度のマッサージが面倒だと感じる方は、シミウスは向いていないかもしれません。

さまざまなスキンケアアイテムを使ってスキンケアをしていると5分なんてあっという間に経ってしまうので、5分を長いと感じるか時短と感じるかですね。

毎日5分のマッサージでリフトアップやくすみの解消ができるなら嬉しいですね。

 

 

シミトリーの使い方とテクスチャー

 

シミトリーはマッサージ併用タイプではないため、適量を顔全体に馴染ませます。

これ1つでスキンケアが完了するため、スキンケアはなるべく時短したい方はシミウスよりもシミトリーの方がおすすめです。

朝は時短したいからシミトリーを使用して、よるはしっかりマッサージをして翌朝のむくみやくすみを解消したいからシミウスを使用すると言う方法もあります。

シミトリーはさくらんぼ大2個を、2回に分けて顔全体に塗布します。

マッサージ併用タイプではないため、シミウスに比べてサラっと軽いテクスチャーで肌なじみが良く伸びが良いのが特徴です。

シミトリーはこれ1つでスキンケアが完了しますが、浸透力が高くさっぱりとしたテクスチャーのため、化粧水や乳液などを併用している方も多いようです。

せっかく時短のためにオールインワンジェルを使用しているのに、これ1つでは乾燥してしまうのは困りますよね・・・。

シミトリーは使用方法は簡単で時短につながりますが、シミウスに比べて乾燥が気になると言う声が多く聞かれました。

乾燥が気になる時は油分が足りていないので、ジェルを塗布した後に乳液やクリーム、美容液など油分の多いアイテムを足すと乾燥が軽減しますよ。

さっぱりとしたテクスチャーは残したまま保湿もしたい方は、ジェルの前に保湿タイプの化粧水をたっぷりと塗布してからジェルを塗布すると、肌表面にベタつきのない仕上がりとなります。

自分の肌の状態や気候に合わせて使用方法を変えてみるのも良いですね。

 

 

 

乾燥が気になる方はシミウスがおすすめ

 

シミウスとシミトリーの使い方をまとめると、乾燥が気になる人や乾燥が気になる時期はシミウスがおすすめです。

シミウスは、こってりと固めのテクスチャーであることや、2層のジェル構造になっており、肌表面に保護膜を作るため乾燥しにくいのです。

シミトリーは、水分量の多いジェルのためさっぱりとしたテクスチャーで夏の時期や、混合肌・オイリー肌の方におすすめですが、乾燥を感じる方が多いようです。

乾燥はさまざまな肌トラブルの原因となるため、しっかりと肌の奥から保湿できる化粧品を選びたいですね。

シミウスはマッサージ併用のため塗布に時間がかかるのが欠点でもありますが、マッサージをすることで美容成分が肌の奥まで浸透し、長時間の保湿が可能です。

シミトリーは使い方はシンプルですが乾燥が気になるため、シミウスをおすすめします。

 

 

 

[シミウス シミトリー/比較]どっちがいい?成分(効果)・口コミ・価格・安全性・使いやすさから総合評価

 

シミウスとシミトリーを、成分・口コミ・価格・安全性・使いやすさの5つのポイントで比較しました。

総合評価ではどちらが良いのか検証します。

 

 

シミウスとシミトリーの比較/美白有効成分(効果)で比較のまとめ

 

項目 シミウス シミトリー
美白有効成分 プラセンタエキス

グリチルリチン酸ジカリウム

アルブチン

 

シミウスとシミトリーを美白有効成分の種類と効果で比較しました。

シミウスは2種類の美白有効成分を配合し、それぞれシミへのアプローチが異なる成分です。

シミトリーに配合されている美白有効成分は1つのみで、美白効果は弱い成分です。

シミウスは、肌の炎症によるメラニンの生成を抑制するために、抗炎症効果の高い成分を配合しており、シミやそばかすの予防に効果的です。

シミトリーはアルブチン(ハイドロキノン誘導体)を配合していますが、β-アルブチンの美白効果はわずかなもので、高い美白効果を期待できる成分とは言えません。

美白有効成分で比較すると、シミウスの方が優れていると言えそうです。

 

シミウス公式サイトへ

 

 

シミウスとシミトリーの比較/保湿成分(効果)で比較のまとめ

 

項目 シミウス シミトリー
天然由来成分 ヒアルロン酸 サクラ葉抽出エキス シコンエキス アルニカエキス シナノキエキス スギナエキス オトギリソウエキス セージエキス ゼニアオイエキス カモミラエキス トウキンセンカエキス(11種類) フラバンジェノール ビルベリー葉エキス ユキノシタエキス マロニエエキス カンゾウフラボノイド 天然ビタミンE セラミド3 オリブ油 スクワラン シア脂(10種類)

 

シミウスは11種類の天然由来エキスを配合し、シミトリーは10種類の天然由来成分を配合しています。

シミウスに配合されている天然由来成分は油分の少ない成分ですが、シミトリーに配合されている天然由来成分は油分の多いものが複数あります。

シミウスに配合されている成分で配合量の多いものには、ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンなどがあり、これらの成分で保湿効果を高めています。

しかし、シミトリーは配合量の多い成分には保湿効果の高い成分が少ないため、高い保湿効果は期待できません。

保湿効果で選ぶならシミウスがおすすめです。

 

シミウス公式サイトを見る

 

 

シミウスとシミトリーの比較/@コスメの口コミ評価で比較のまとめ

 

シミウスの販売開始日は2011年のロングセラー商品です。

シミトリーの販売開始日は2017年なので、まだ新しい商品と言えます。

ロングセラーのシミウスは、@コスメでも口コミ数が圧倒的に多く、シミトリーよりも知名度が高いです。

累計販売数はシミウスは1,000万個を突破していますが、シミトリーは非公開となっています。

@コスメでの総合評価は、シミウスが✩5.2。シミトリーは✩5.3と、どちらも高評価となっています。

シミウスの口コミでは、「リフトアップ効果」や「くすみやシミへの効果」を実感したとのコメントが多く、シミトリーの口コミでは「肌なじみが良い」や「伸びが良い」などテクスチャーに関するコメントが多く見られました。

シミやくすみに対する口コミ評価はシミウスの方が圧倒的に高く、シミやくすみ対策にはシミウスがおすすめです。

 

シミウス公式サイトを見る

 

 

 

シミウスとシミトリーの比較/価格や返品保証で比較のまとめ

 

項目 シミウス シミトリー
初回購入価格 3,795円 3,685円
割引率 20%off 26%off
送料 無料 無料
返金保証 到着から30日以内 到着から14日以内

 

シミウスとシミトリーはどちらも、初回購入価格はほとんど大差はありませんでした。

どちらも初回から2回目以降もずっと送料は無料です。

シミウスは初回購入の際に、商品到着から30日以内なら全額返金が可能な保証がついています。

シミトリーは初回購入の際に、商品到着から14日以内なら全額返金が可能な保証がついています。

シミウスの方が返金保証の期間が長く、安心してお試しができそうですね。

敏感肌の方は、しばらく使ってみてお肌の様子を見たいですよね。

日によってお肌の調子が変わるゆらぎの時期は、1ヶ月程度は化粧品をお試しできると助かりますね。

シミトリーは返金保証の期間が14日間しかないため、ゆらぎの時期には保証が短く感じるかもしれません。

シミトリーは丸々1ヶ月のお試し期間があるため、ゆっくりとお肌の状態を観察できますよね。

安心感の観点から、30日間の返金保証があるシミウスがおすすめです。

 

シミウス公式サイトを見る

 

 

 

シミウスとシミトリーの比較/添加物・安全性・副作用の有無で比較のまとめ

 

シミウスもシミトリーも100%オーガニックの化粧品ではないので、どちらにも必要な添加物が入っています。

化粧品で必要不可欠な添加物は、抗菌剤・防腐剤です。

手で触ることで雑菌が繁殖してしまったら、顔に塗布した時に肌あれの原因になりますよね。

安全性の面からも抗菌剤・防腐剤は必要不可欠と言えます。

しかし、品質維持の観点から不要だと言える添加物は「着色料」と「香料」です。

シミトリーは、着色料・香料ともに無添加ですが、シミウスは着色料も香料も配合されています。

不要な添加物が入っているため、より安全性の高い商品を求める方や、肌が弱い方はシミトリーの方がおすすめです。

また、シミトリーにはアルコール(エタノール)が無添加ですが、シミウスにはエタノールが配合されています。

シミトリーはアルコール無添加なので、赤ちゃんや子供も安心して使えますが、シミウスは子供や赤ちゃんには刺激となる可能性があるので使わない方が無難です。

添加物の種類から、シミトリーの方が安全性が高く、敏感肌の方にも使いやすいと言えます。

 

シミトリーの公式サイトを見る

 

 

 

シミウスとシミトリーを比較/使い方・使いやすさで比較のまとめ

 

シミウスはマッサージ併用のためテクスチャーが高く、浸透にやや時間がかかります。

スキンケアは時短したい方はシミトリーがおすすめです。

しかし、シミトリーは水分量の多いジェルのため肌への浸透力は高いのですが、やや乾燥を感じる方が多いようです。

シミトリーはスキンケアが簡単で時短になる反面、乾燥してしまう可能性があります。

乾燥はさまざまな肌トラブルの原因となるため、保湿効果の高いシミウスがおすすめです。

 

 

シミウスとシミトリーの比較/総合評価

 

項目 シミウス シミトリー
美白効果
口コミ評価
価格
安全性
使いやすさ

 

シミウスとシミトリーはどちらも人気のある商品で口コミ評価も高いのですが、シミやそばかすケアに重点を置きたい方は「シミウス」がおすすめです。

シミトリーは、安全性の面はシミウスよりも優れていますが、総合的に見るとシミウスの方がおすすめです。

シミウスとシミトリーのどちらを購入するのか?どちらが自分に合っているのか?迷っている方は、シミウスを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

シミウス公式サイトへ

シミ・そばかすを徹底ケア