[シミウスジェル/使い方]効果的なマッサージ方法を動画で紹介!メビウス製薬のホワイトニングリフトケアジェル

[シミウスジェル/使い方]マッサージの簡単な方法

[シミウスジェル/使い方]メビウス製薬の薬用ホワイトニングリフトケアジェルの効果的なマッサージ方法3つのポイント

 

 

 

シミウスジェルの効果的な使い方について紹介します。

メビウス製薬の薬用ホワイトニングリフトケアジェル「シミウスジェル」は、公式サイトで推奨されている美白マッサージを行うことで、美白&リフトアップ効果を高めることができます。

シミウスジェルの美白&リフトアップを実感する効果的な使い方のポイントは「洗顔後やホットタオルパックの後のタイミングで使用する」「1回の使用量を守り肌に負担をかけない」「公式サイトが推奨する美白マッサージを併用する」の3つです。

シミウスジェルは、マッサージに適したやや固めのテクスチャーなので、ジェルを塗布するたびに3~5分のマッサージを併用することで、美白&リフトアップ効果が高まります。

マッサージによる肌への負担を避けるためにに、1回量をしっかり守り正しくマッサージを行いましょう。

また、美白有効成分が肌の奥まで浸透するように、洗顔後や入浴後のタイミングで塗布すると効果が高まりますよ!

シミウスジェルなら正しくマッサージを行うことで、1本で美白&リフトアップができますよ。

 

 

 

初回購入20%offでお得

1本で美白&リフトアップができる

シミウスの公式サイトへ

 

 

 

 

[シミウスジェル/使い方]1つ10役多機能ジェルの効果的な顔のマッサージ方法を動画で解説

 

 

シミウスジェルの効果的な顔のマッサージ方法について動画で詳しく紹介します。

シミウスジェルは正しくマッサージを行うことで、美白&リフトアップ効果を実感することができます。

メビウス製薬の薬用ホワイトニングリフトケアジェル「シミウスジェル」は、一般的なオールインワンジェルとはことなり、マッサージに適したダブルクリスタル製法を採用しています。

2層のジェルの内側に配合された美白&美肌成分が、マッサージを併用しながら塗布することで、肌の奥までしっかりと浸透することができ、シミや潤い対策に効果を発揮します。

シミウスジェルは、1本で10役の多機能オールインワンジェルですが、正しくマッサージを併用することで、美白&美肌成分を肌の奥まで届けることができます。

シミウスジェルの正しいマッサージ方法について動画で紹介しますね。

 

1つ10役多機能ジェル【シミウス】ケアジェルを使って小顔マッサージしてみたよ。

動画:1つ10役多機能ジェル[シミウス]ケアジェルを使って小顔マッサージしてみたよ

 

美容家の田中愛さんのYouTube動画では、シミウスジェルの正しいマッサージ方法について解説されていて、とてもわかりやすい内容です。

マッサージは、流す向き(下から上に、内側から外側に)や、痛気持ちいい程度の圧で行うことが重要です。

動画なら、流す向きや、どの程度の力加減でマッサージをしているのかが分かりやすいですね。

シミウスジェル公式サイトでも、効果的な美白マッサージの方法について説明がありますし、購入の際には使用方法の詳しいテキストが同封されているので、イラストや説明を見ながら正しくマッサージを行いましょう!

 

 

 

 

 

シミウスジェル公式サイトへ

30日間の返金保証つきで安心

 

 

関連記事:[シミウス口コミ]悪い評判の実際/良い口コミ・効果なし・レビュー/ホワイトニングリフトケアジェルの口コミ

 

 

シミウスジェルのマッサージ方法1・朝晩の洗顔後や蒸しタオルの後に使う

 

「シミウスジェルっていつ使うの?」

「使うタイミングによって効果が変わることがあるの?」

シミウスジェルの効果的なマッサージ方法は、美容成分の浸透力が高まる洗顔後や入浴後のタイミングでマッサージを行うことです。

洗顔後や入浴後は、肌の汚れや皮脂が洗い流され無防備な状態になっていることや、毛穴が開いていることから、美容成分が肌の奥まで浸透しやすい状態と言えます。

スチームで顔を温めながらスキンケアをすることでも、入浴後や洗顔後と同じ効果が得られます。

シミウスジェルを使うタイミングは、洗顔後や入浴後がベストであり、できれば朝晩の使用により効果が高まります。

シミウスを朝晩使用することで、朝はむくみのないスッキリとした顔になりますし、夜は老廃物をしっかり流してから睡眠を取ることで美肌に繋がります。

朝は時短したい方が多いためスキンケアはシンプルなものが好まれますが、シミウスジェルはマッサージに適したやや固めのテクスチャーなので、マッサージを併用しなければ肌に馴染みにくいので、朝はとにかく時短したい方のスキンケアには向いていないかもしれません。

朝はスキンケア後にすぐにメイクに移りたい、とにかく時短したい方は、マッサージの併用が不要の「シミウス薬用ホワイトニングリフトケア朝ジェル」がおすすめです。

シミウス朝ジェルは、一般的なオールインワンジェルと同じく、マッサージは不要なので、朝の時短に最適です。

朝のスキンケアは時短したい方も、夜はシミウスジェルでしっかりとマッサージを行い、美白&リフトアップ効果を高めたいですね。

 

 

 

 

シミウスジェルのマッサージ方法2・1回の使用量を守り正しく使う

 

 

シミウスジェルの効果的なマッサージ方法は、1回の使用量を守り肌への負担を避けることです。

シミウスの1回のマッサージ時間は3~5分程度で十分です。

マッサージはリンパや血液の流れの改善に効果的ですが、強い刺激は肌への負担となり様々な肌トラブルの原因となります。

シミウスの1回量(スパチュラ1~2杯程度)を守り、肌に余計な負担がかからないようにマッサージをしましょう。

1回量が少なすぎると肌への摩擦が強くなるため、シミやそばかすの原因となることがあります。

また肌への強い刺激は、肝斑のシミを濃くしたり、ニキビや肌荒れなどの炎症を悪化させることがあるので注意が必要です。

シミウスジェルを使用するときは1回量を守り、肌への負担かからないように正しくマッサージを行いましょう。

 

 

 

 

シミウスジェルのマッサージ方法3・リフトアップ&美白マッサージを併用する

 

シミウスジェルのダブルクリスタル製法について

 

シミウスジェルの効果的なマッサージ方法は、リフトアップ&美白マッサージを併用することです。

シミウスジェルは化粧品として日本で唯一、ダブルクリスタル製法を採用しています。

シミウスジェルはダブルクリスタル製法によりジェルが2層に分かれた状態となっています。

ジェルの外側はマッサージに適したやや固めのジェルで、美容成分が肌表面で揮発しないように、マッサージを併用することで肌に浸透します。

ジェルの内側は美白成分や美容成分などを抱え込んだジェルとなっており、外側のマッサージジェルが肌に浸透した後に肌の奥まで浸透します。

一般的なオールインワンジェルはマッサージに適した製法ではないため、マッサージジェルとして使用すると肌の表面で揮発してしまい、肌が乾燥してしまうことが多いのです。

シミウスジェルは適切なマッサージ時間を3~5分としており、正しくマッサージを行うことで顔の老廃物が流れ、顔のむくみが取れ小顔になったり、フェイスラインのもたつきが解消してリフトアップに繋がります。

シミウスはマッサージを併用するように処方されているため、リフトアップ&美白マッサージを併用することで、1本でリフトアップ&美白効果を実感することができますよ。

 

 

 

 

シミウスジェル公式サイトへ

初回購入20%offでお得

 

 

 

[シミウスジェル/使い方]リフトアップ&美白マッサージの方法を詳しく解説/小顔マッサージの手順

 

 

シミウスジェルの効果的なマッサージ方法について詳しく解説します。

シミウスジェルは正しく使うことで、リフトアップ&美白効果が高まります。

リンパの流れに沿った小顔マッサージを行うことで、顔の老廃物が流れ小顔やリフトアップ、またくすみの解消に効果的です。

リンパの流れに沿った小顔マッサージでは、老廃物をリンパの出口である鎖骨部分にしっかりと流し込むように、程よい力でゆっくりと丁寧に行うことが重要です。

シミウスジェルはマッサージを併用することで効果を実感することができるため、毎日3~5分だけマッサージを続けて、リフトアップ&美白効果を実感したいですね。

 

 

 

 

シミウスジェルの公式サイトへ

初回購入20%offで安心

 

 

関連記事:[シミウス/ニキビ跡]効果あり!美白効果でニキビ跡を改善・薬用ホワイトニングリフトケアジェル

 

シミウスジェルの効果的な使い方・美白マッサージ方法1/耳の下をほぐす

 

シミウスの正しい使い方・リンパマッサージ方法1

シミウスジェルの効果的なマッサージ方法(リンパを流す)について詳しく紹介します。

まず始めに、耳の下のくぼんだ部分(耳下腺リンパ節)を、親指の腹で10秒ほどギューっと押してほぐします。

イタ気持ちいいくらいの強さでグリグリと押し、リンパの通り道を作ります。

耳下腺リンパ節をほぐすことで、老廃物の通り道ができ、余分な老廃物が流れやすくなります。

耳下腺リンパ節のマッサージはジェルを塗布するときだけでなく、普段テレビを見ながらや寝る前など、気がついたときに簡単に行えますね。

リンパの流れをよくすることで血流が改善し、むくみやくすみの解消に繋がりますよ。

 

 

耳下腺リンパ節って何?

 

リンパ節は全身を巡っているリンパ液を回収して静脈に戻す役割を持っています。

リンパ節は体に有害な菌や老廃物などを濾過する役割を持ち、リンパ節を通ったリンパ液をフィルターにかけ、不要な物質を静脈に戻し代謝しています。

リンパ節の流れが滞ると、全身の老廃物を濾過することができないため、全身に老廃物が循環することになります。

このような状態は非常に新陳代謝が低下している状態のため、疲れやすい・風邪を引きやすい・顔のたるみやくすみなど、全身に様々な症状が起こります。

耳下腺リンパ節はフェイスライン周辺にある主要なリンパ節の1つです。

全身のリンパ液は最終的に鎖骨下シンパ節に流れ込みますが、耳下腺リンパ節がとどこっているとリンパの流れ道が塞がれていて、スムーズに老廃物を排出することができません。

顔のむくみだけでなく、全身の老廃物を排出するためにも、耳下腺リンパ節のマッサージはとても重要です。

シミウスジェルの美白&リフトアップ効果を実感するためにも、耳下腺リンパ節をしっかりほぐして、スムーズに老廃物が流れるようにしたいですね。

 

 

 

シミウスジェルの効果的な使い方・美白マッサージ方法2/頬の下の筋肉をほぐす

 

シミウスの正しい使い方・リンパマッサージの方法について

 

シミウスジェルの効果的なマッサージ方法(頬下のコリをほぐす)について詳しく紹介します。

シミウスの美白マッサージでは、頬骨の下の筋肉を刺激しリンパの流れを改善していきます。

人差し指から小指までの4本の指の第二関節を、頬骨の下にグっと差し込んで、頬の奥にある筋肉をグリグリをほぐします。

現代人は表情筋が衰えている人が多いと言われており、頬骨の下を刺激すると痛みを感じる人が多いです。

刺激をして痛みを感じる場合は、リンパの流れが滞っている状態のため、イタ気持ちいいくらいの力でほぐしましょう。

シミウスで毎日リンパマッサージをすると、リンパの流れが改善し、硬かった表情筋が動かしやすくなるため、表情もパっと明るくなりますよ。

毎日コツコツと続けることで、リンパの流れが改善し、顔のむくみやくすみなどの改善に繋がりますよ。

 

 

どうして頬骨のマッサージが必要なの?

 

頬骨の下には「小頬骨筋」や「大頬骨筋」があります。

顔にはたくさんの筋肉があり細かい表情を作ることができます。

しかし、無表情でいる時間が長い・長い時間パソコンをしている・人と話す機会が少ない・表情筋の使いすぎ・・・など、様々な理由で表情筋に疲労が溜まり、動きが悪くなります。

筋肉の伸び縮みにより、リンパ管が圧迫され血液を押し上げることができるため、筋肉の動きが悪くなっているとリンパや血液の流れが滞り、むくみやくすみなどの原因になります。

 

 

 

シミウスジェルの効果的な使い方・美白マッサージ方法3/顔全体を流す

 

シミウスの正しい使い方・リンパマッサージの方法について

シミウスジェルの効果的なマッサージ方法(顔全体を流す)について詳しく紹介します。

耳下腺リンパ節と頬骨の下の表情筋をほぐしたら、滞っていた老廃物を流して顔全体を引き上げます。

人差し指から小指の指の腹を使って、①顎から耳 ②口角から耳 ③小鼻から耳 の順番で滞っている老廃物を耳下腺リンパ節に向かって長ります。

最後に手のひら全体を使って顔の筋肉を持ち上げるように、こめかみに向かって引き上げrます。

仕上げに耳下腺リンパ節に向かって、全ての老廃物を流し込むように集めます。

リンパマッサージで重要なのは、老廃物をリンパ節の出口に向かって流すことです。

リンパの流れに逆らってマッサージをしても全く意味がないため、マッサージの方向に注意しましょう。

 

 

 

シミウスジェルの効果的な使い方・美白マッサージ方法3/鎖骨に流す

シミウスの正しい使い方・リンパマッサージの方法について

 

シミウスジェルの効果的なマッサージ方法(鎖骨に流す)について詳しく紹介します。

耳下腺リンパ節まで老廃物を流したら、最後は鎖骨のリンパ節に向かって老廃物を流します。

鎖骨の老廃物は全身の老廃物が全て集まってくる場所であり、重要な場所です。

最終的に老廃物を鎖骨のリンパ節まで流さなければ体内に滞ってしまうため、しっかりと鎖骨のリンパ節まで流しましょう。

人差し指から小指の4本の指先を使って、耳下から鎖骨リンパ節まで撫で下ろします。

このとき強い力は必要ありません。

鎖骨にあるツボをそれぞれ3秒ほどグっと押し、老廃物をしっかりと押し込みます。

 

 

 

シミウスジェルの正しい使い方・マッサージしなくても効果はある?マッサージをする場合としない場合

 

シミウスジェルは、正しいマッサージを行うことで美白&リフトアップ効果を実感することができます。

シミウスジェルは、リンパマッサージができるようにやや弾力のある独特のテクスチャです。

一般的なオールインワンジェルよりも弾力があり、マッサージをすることで肌になじみますが、マッサージをしなければ肌なじみは良くありません。

また、シミウスはマッサージによる効果を実感できるように、化粧品としては日本で唯一「ダブルクリスタル製法」を採用しています。

ダブルクリスタル製法は、ジェルを2層にすることでジェルが肌表面で揮発することなく、肌の奥まで浸透できます。

2層のジェルの外側はマッサージに適した弾力のあるテクスチャで、マッサージをしていると次第に体温で柔らかくなり肌に馴染みます。

ジェルの内側は美白成分や美容成分を抱え込んでおり、マッサージをすることでリンパや血液の流れが改善したところに入ることで、肌の奥までしっかりと浸透することができます。

シミウスは一般的なオールインワンジェルに比べて弾力がありマッサージ用のテクスチャとなっているため、マッサージをしない方にはおすすめできません。

マッサージの習慣がない人や、ニキビや肝斑などでマッサージができない人は、マッサージ不要のシミウス朝ジェルがおすすめです。

シミウス朝ジェルは、マッサージ不要のオールインワンジェルで、肌馴染みのよいテクスチャになっていますよ。

時短のため朝はマッサージをしたくない!という方は、朝のみシミウス朝ジェルを使用するのも良いですね。

または、朝は使用量を少なくし1分だけ簡単なマッサージをするのもおすすめです。

たった1分のマッサージでもリンパや血液の流れが改善され、くすみやむくみの解消に繋がりますよ。

 

 

 

シミウスジェル公式サイトへ

初回購入20%offでお得

 

 

 

 

[シミウスジェル/使い方]効果的な使用量・使うタイミング・1ヶ月で足りない時の対処法

 

 

 

シミウスジェルの効果的な使い方と1回の使用量について紹介します。

シミウスの1回量(適量)が決められているのは、肌に余計な摩擦をかけずに全顔をマッサージするのに最適な量だからです。

シミウスジェルはリンパマッサージと併用することでより効果を実感することができます。

1日の使用量が少なすぎると肌に余計な負担を与えますし、多すぎても肌への浸透に時間がかかり逆に肌に負担を与えます。

また、適量より多く使ってしまうと1ヶ月では足りなくなってします。

入浴や洗顔の直後に、肌が乾燥してしまう前のタイミングで塗布することで、浸透力が高く効果をアップすることができますよ。

 

 

 

 

シミウスジェルの公式サイトへ

30日間の返金保証つきで安心

 

 

 

 

シミウスジェルの正しい使い方・1回量(適量)について

 

シミウスの1回量について紹介します。

シミウスは説明書に記載されている適量を守って使用しましょう。

少なすぎても多すぎても肌に余計な負担が掛かってしまいます。

適量を正しくマッサージをしながら塗布することで、1本で美白&リフトアップ効果を実感することができますよ。

 

 

Q1・シミウスの1回量はどれくらい?

シミウスジェルの1回量(適量)について

シミウスジェルの1回の適量

画像引用:メビウス成約公式サイト

 

A1・シミウスの1回量は、付属のスパチュラに1~2杯分を目安にします。

スパチュラ1杯で約1gです。

 

化粧品の適量・小豆大について

画像引用:写真付き保存版[化粧品の使用量](NEVERまとめ)

 

スパチュラに1杯で小豆大ほとの量になります。

小豆大は直径0.7mmです。

小豆大のジェルで全顔をマッサージするには少なく感じる人が多いと思います。

3~5分のリンパマッサージを併用するなら、スパチュラに山盛り1杯か、スパチュラ2杯ていどの量が肌への負担が少なくおすすめです。

スパチュラ2杯で約2gとなり、パール大より大きく、さくらんぼ大よりもやや小さい大きさになります。

全顔をしっかりとマッサージするなら、このていどの量があると肌への負担が少ないですよ。

 

 

シミウスジェルの正しい使い方・1ヶ月では足りなくなってしまう場合はどうしたら良い?

 

シミウスジェルの正しい使い方について紹介します。

シミウスを使ってみると1ヶ月では足りなくなってしまう!という口コミを見かけます。

シミウスの容量は1本で60gなので、朝夕のお手入れで毎回スパチュラ2杯(2g)ずつ使用すると1日で4グラム、1ヶ月で120gが必要となるため、1本では足りなくなってしまいますね。

では1本で1ヶ月分にするためにはどうしたらよいか説明します。

 

 

Q2・シミウスが1ヶ月で足りない場合はどうしたら良い?

 

シミウスが1ヶ月で足りなくなる原因はいくつか考えられます。

 

1)重ねづけをたくさんする

2)スパチュラを使用していない

3)洗顔後すぐに使用していない

4)ジェルを温めずに使用している

 

1)シミウスが足りなくなる原因が「重ねづけをたくさんする」という場合は、肌の調子に合わせて重ねづけが必要なときのみプラスしたり、乾燥が酷い場合は他のスキンケアアイテムと併用することをおすすめします。

他のスキンケアと併用する場合は、長時間の保湿が続くように肌の表面から水分が蒸発しないように、クリームや乳液など油分が多いアイテムで蓋をすると効果的です。

 

2)シミウスが足りなくなる原因がスパチュラを使用していないため適量以上に使用している場合は、スパチュラを使用して適量を使うように心がけましょう。

スパチュラは適量を計ることができるだけではなく、ジェルを衛生的に保管する意味でも大切です。

手には知らないうちに雑菌がたくさん付着しています。

その手でボトルに手を入れると不衛生ですよね。

スパチュラが面倒くさい!という方は、シミウスのチューブタイプの方が良いかもしれませんね。

ただチューブタイプの場合は出しすぎてしまったときに調整することができないため、適量をしっかり守るならボトルタイプの方が便利ですね。

 

3)洗顔後すぐにシミウスを塗布しないために乾燥してしまい使用量が多くなってしまう場合は、洗面所などにシミウスを置いて、浴室の中で塗布するのも1つの方法です。

浴室の中は高温で湿度も高いため毛穴が開き、血行やリンパの流れも良くなっています。

そのため、浴室内でシミウスを塗布することで肌への浸透が早く効果的です。

浴室内でシミウスを使用するときは、顔・手の水分をしっかりと拭いてからにしましょう。

また、洗面所は高温多湿になるため、シミウスの保管には適していません。

入浴の際にシミウスを持ち運ぶようにすると衛生的に保管できますよ。

 

4)シミウスを温めずに冷たいまま塗布している場合も使用量が多くなりがちで、1ヶ月では足りなくなってしまいます。

シミウスジェルは常温の状態であってもヒンヤリと冷たく、そのまま顔に乗せても伸びが悪く肌馴染みが悪いのです。

ジェルを手のひらに置き、手のひらをこすり合わせて温めます。

手のひらは体温が高いのでジェルをすぐに温めることができますよ。

手のひら全体にジェルを伸ばしてから顔に塗布することで、塗布してすぐにマッサージを開始することができますし、肌に余計な負担がかからないのでおすすめです。

 

 

シミウスの効果的な使い方・使うタイミング・いつ使う?

 

シミウスジェルを使う効果的なタイミングについて紹介します。

スキンケアは一般的には入浴後や洗顔後に使いますよね?

スキンケアをする理由は、肌を乾燥から守るためです。

入浴後や洗顔後は肌は急激に乾燥します。

そのため、肌が乾燥を感じる前にスキンケアで水分の蒸発を防止しなければ、肌は内部から乾燥してしまいます。

乾燥した状態の肌は外部からの刺激に無防備になっています。

乾燥状態が続くと敏感肌やアトピーなどになりやすくなるため、肌が乾燥を感じる前にしっかりとスキンケアをしたいですね。

 

 

シミウスの正しい使い方・入浴後、洗顔後すぐにスキンケアをする

 

シミウスジェルの効果的な使い方は、入浴や洗顔の後すぐのタイミングでジェルを塗布します。

入浴後や洗顔後すぐにスキンケアをするなんて当たり前!と思っているかもしれませんが、シミウスのメインユーザーである30~40代の女性は育児に追われてバタバタ、入浴後は子供の世話で自分のケアはそっちのけ・・・という方も多いですよね。

入浴後の肌はあっという間に乾燥します。

浴室を出た瞬間から乾燥が始まると言われています。

お風呂の熱めのお湯で洗顔をすることで必要な皮脂まで洗い流してしまったり、天然保湿因子や角層細胞間脂質など肌が本来持っている保湿成分が流出してしまうため、入浴後の肌は水分を保てない状態になります。

入浴後の保湿リミットは1分と科学的に証明されています。

 

入浴後の保湿のタイムリミットについて

画像引用:入浴後は急速に肌乾燥が進む!保湿の「タイムリミット」は何分?(マイナビニュース)

 

入浴後に少しゆっくりしてから・・・・とか、子供の着替えを済ませてから・・・・となると、保湿のタイムリミットを大幅に超えてしまい、肌は内部から乾燥してしまいます。

美容家やモデルさんなどは、スキンケアは浴室内で済ませる!という方も多いのも分かりますね。

理想は肌が乾燥を感じる前にスキンケアを済ませることなので、入浴後ではなく浴室内でスキンケアを終わらせてしまうのがベストです。

浴室から出る前に顔と手をしっかりと拭いて水分を取り除き、浴室内でジェルを塗布して3~5分マッサージをします。

マッサージをしている間に体も冷めてくるためクールダウンには丁度良いかもしれませんね。

 

 

シミウスの正しい使い方・入浴中にパックとして使用しても良い?

 

シミウスジェルのパック機能について

 

シミウスは1つで10役のオールインワンジェルで、パックの機能があります。

パックをする目的は、美容成分を肌の奥までしっかりと浸透させることです。

入浴中は体温が上がり血流やリンパの流れが良くなっていますし毛穴が開いた状態で、パックをするのに最適です。

室内でパックをするのと、入浴中にパックをするのでは肌への浸透力が異なります。

入浴中に顔にジェルを塗布して湯船に10分ほど浸かると、美容成分が肌の奥までしっかりと浸透し、肌はモチモチになりますよ。

ジェルパックをするときは、コットンにジェルを塗布してから顔に乗せると、肌への密着度が高くなるため浸透力がアップします。

コットンの上からラップやシリコンマスクをする方もいるかもしれませんが、入浴中は顔にもたくさん汗をかくため、汗とともにジェルが流れてしまい逆効果になることもあります。

コットンパックをしながら手のひらで抑えるくらいがちょうど良さそうです。

コットンパックが終わると汗をかいているので、顔を軽く拭って、肌に残っているジェルを顔に馴染ませたら終了です。

コットンパックをした後は乳液やクリームで蓋をすると保湿力が高まりますよ。

 

 

 

 

シミウスジェルの公式サイトへ

初回購入20%offでお得

 

 

 

[シミウスジェル/使い方]トラブル防止の注意点・マッサージ時間・強さ・NGポイント

 

 

 

しミウスジェルの使い方やマッサージ方法の注意点について紹介します。

シミウスの効果的な使い方は正しくリンパマッサージをすることです。

正しくマッサージをするポイントは「マッサージに適した時間を守る」「マッサージに適した圧」「マッサージがNGなケースを知る」の3点です。

強い圧で長くマッサージをしてしまうと肌に余計な負担がかかり、シミやたるみなど肌トラブルの原因となるためNGです。

マッサージは3~5分で、痛気持ちいいていどの圧で行うのが理想的です。

また、肝斑や肌炎症があるときにマッサージを行うことで肌トラブルが悪化する可能性があるため避けましょう。

 

 

 

 

シミウスジェルの公式サイトへ

30日間の返金保証つきで安心

 

 

 

シミウスの使い方の注意点1・マッサージに適した時間(3~5分)

 

シミウスジェルは正しくリンパマッサージをすることで美肌効果が高まります。

マッサージに適した時間は3~5分がベストです。

マッサージはリンパの流れを改善するために必要ですが、マッサージによる刺激により肌には多少の負担がかかります。

肌の表面の角質層は2枚重ねのティッシュ1枚分ほどの薄さしかありません。

肌をマッサージにより擦ることで、角質層が剥がれたり、傷ついたりします。

3~5分ていどの時間で、ゆっくり丁寧にリンパを流せば十分です。

リンパは筋肉の動きに刺激されて収縮し、老廃物が流れやすくなります。

顔の表情筋をよく動かす人は、リンパの流れもよくなるのです。

顔のむくみやたるみを感じる方は、マッサージ以外にも顔のヨガ・体操などを1日3分ていど取り入れるだけでも、むくみやたるみがスッキリしますよ。

 

 

シミウスジェルの使い方の注意点2・マッサージに適した圧(強さ)

 

シミウスジェルでリンパマッサージを行うときは、痛気持ちいいていどの圧で行いましょう。

顔の皮膚はとても薄く、強い力でマッサージを行うことで必要な角質層が剥がれてしまったり、傷つけてしまいます。

特に目の周りは、頬などに比べて皮膚が薄いため、少しの刺激でも傷つきやすいのです。

強くマッサージしたからと言ってリンパの流れがよくなるわけではありません。

ゴシゴシと擦るのではなく、表情筋をグっと押し上げるような感じでマッサージをしましょう。

筋肉をグっと押す刺激によりリンパが流れやすくなるため、強く擦る必要はありません。

表情筋を痛気持ちいいくらいの力で押すイメージでマッサージをしましょう。

マッサージを行うときは、摩る動きではなくプッシュする動きをメインに行います。

 

 

シミウスジェルの使い方の注意点3・マッサージがNGなケース

 

リンパマッサージやたるみ取りマッサージなどの本がたくさん出ていますよね。

毎日欠かさずマッサージをしているという方も多いのではないでしょうか?

しかし、マッサージがNGなケースもあるので注意が必要です。

次にマッサージがNGなケースと理由について紹介します。

 

 

肝斑がある

 

肝斑がある場合は、マッサージをすることでシミが濃くなってしまう可能性があるためマッサージはNGです。

肝斑は紫外線によるダメージが原因となる老人性色素班(シミ)とは異なり、女性ホルモンや強い肌への刺激(洗顔やマッサージ)などが原因となり起こります。

肌への強い刺激により、肌は防御反応としてメラニンの生成を活性化させ、シミの元を増やす原因を作ります。

肝斑は30~40代の女性に多く、閉経後は自然と薄くなるケースが多いです。

いわゆるシミに隠れて肝斑が存在することもあり、自己判断が難しいとされています。

肝斑の好発部位である左右の頬に、境界線が不明瞭なぼんやりとしたシミが左右対称に現れている場合は肝斑の可能性が高いと言えます。

肝斑がある方はマッサージなどの刺激で悪化する恐れがあるため注意が必要です。

 

 

ニキビや肌荒れなど炎症がある

 

ニキビや肌荒れのある状態は肌のバリア機能が低下している状態であり、少しの刺激で肌トラブルを起こしやすいです。

ニキビや肌荒れのある部分を強くマッサージをすると、さらにバリア機能が低下し炎症が悪化する可能性があります。

炎症部分は清潔にして触らないことが一番の治療法とされているため、マッサージなどで触れないようにしましょう。

炎症のある部分は温めることで、かゆみや赤みが強くなることがあるため、収れん作用のあるスキンケアなどを使用して温めないようにしましょう。

マッサージをすることでリンパや血液の流れが改善すると、皮膚が温まった状態となり毛穴が開きます。

皮膚に炎症がある場合は皮膚を温めたり毛穴が開くケアはNGなので、マッサージは辞めましょう。

 

 

シミウスジェルの使い方の注意点4・マッサージに適した塗布量

 

シミウスジェルを効果的に使用する方法は、適量のジェルでマッサージを行うことです。

マッサージをするときに痛みを感じる場合は、圧が強すぎたり、プッシュではなく擦りすぎていたり、塗布量が少なすぎることが原因となることが多いです。

マッサージで痛みを感じる場合は、肌にストレスを与えている状態なので肌トラブルを起こしやすくなります。

肌に強い刺激にならないように、適量を守りましょう。

また、プッシュだけではなく、全顔のリンパを流す(摩る)ときは、強く擦るのではなく、たるみをこめかみに向かって引き上がるように引っ張り上げます。

このときに塗布量が少ないと痛みを感じることがあるため、スパチュラ1~2杯の適量を全顔に万遍なく伸ばしましょう。

 

 

シミウスジェルの使い方の注意点5・マッサージに適したテクスチャ

 

シミウスジェルの使い方の注意点は、マッサージに適したジェルのテクスチャを知ることです。

シミウスはマッサージに適したやや固めのテクスチャとなっており、最初は肌なじみが悪く感じると思います。

弾力があるため、肌に馴染み始めるのに1分は必要です。

硬いままのジェルを顔に点置きするよりも、ジェルを柔らかくしてから全顔に塗布した方が、肌への刺激も少ないためおすすめです。

 

 

手のひらで温める

 

手のひらは体温が高い箇所なので、両手のひらでジェルを伸ばすことで温まり、ジェルが固めのテクスチャから柔らかいテクスチャに変わります。

ジェルを手のひらで擦り、柔らかいテクスチャにしてから顔全体に伸ばすことで肌負担を少なくすることができます。

また肌の上でジェルをゴシゴシと伸ばす必要がなくなるため時短にも繋がります。

ジェルを手のひらで温め、テクスチャを柔らかくしてから顔に塗布することで、ジェルの肌なじみが良くなり、美容成分が肌に浸透しやすくなります。

 

 

マッサージが痛いと感じる理由と対策・老廃物が溜まり顔にコリがある

 

シミウスジェルのマッサージで痛いと感じる場合は、リンパの流れが滞っているケースがほとんどです。

年齢肌に悩みのある方はほとんどがリンパの流れが滞っています。

リンパは自身の力で動くことができず、筋肉の動きにより刺激で収縮することができるため、加齢により筋肉の質が低下するとリンパの流れも滞ってしまいます。

リンパが滞ると老廃物がスムーズに排出できないため蓄積してしまい、顔のむくみやたるみの原因となります。

マッサージをしたときに痛みがある場合や、ゴリゴリとしたコリを感じる場合は、しっかりとマッサージをしましょう。

 

 

毎日コツコツとマッサージを続ける

 

リンパマッサージは毎日コツコツ続けることで効果を発揮します。

リンパは筋肉を動かさなければ収縮することができないため、表情筋をしっかりと動かさなければ顔のリンパの流れが滞り、むくみやたるみの原因となります。

日本人は欧米人に比べて表情筋を使う頻度が少ないとされていますし、スマホやパソコンなどを利用する方が増えストレートネックによる首の血行不良により顔の血流も低下しています。

適度なマッサージを毎日コツコツ続けることで、顔の血流改善やリンパの流れの改善に繋がります。

リンパの流れが滞ると体の老廃物が蓄積し、皮膚の色が黒っぽくなり顔のくすみに繋がります。

顔のリンパの流れが改善することで、くすみの解消に繋がり、見た目年齢も若く見えるようになりますよ。

 

 

 

 

シミウスジェル公式サイトへ

30日間の返金保証つきで安心

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[シミウスジェル/使い方]朝・夜の使い方・使い分けのポイント/メイク崩れを防ぐ使用方法

 

 

 

シミウスジェルの効果的な使い方について紹介します。

シミウスジェルの朝・夕の使い方のポイント、朝・夕のケア方法について紹介します。

朝のスキンケアはなるべく時短したけど、メイク崩れは予防したいですよね?

シミウスジェルを朝に使用するときは、時短&メイク崩れ予防ができる方法にしましょう。

夜は美肌に導くためのゴールデンタイムなので、しっかりと保湿をして肌悩みのケアをしたいですね。

シミウスジェル1本で、朝・夕のケアをしっかりできるポイントを紹介します。

 

 

 

 

シミウスジェル公式サイトへ

30日間の返金保証つきで安心

 

 

 

シミウスジェルの使用は朝・夕のどちらが効果的?

 

シミウスは朝・夕のどちらにも使用することができるオールインワンジェルです。

朝・夕のどちらに使用しても効果的ですが、シミウスジェルは正しくリンパマッサージを併用することで効果がアップします。

つまり、しっかりとリンパマッサージを行わなければ効果アップするのは難しいのです。

朝の方がしっかりマッサージができるという方は朝もしっかりとリンパマッサージをしながら塗布することで効果を実感することができます。

朝はマッサージをしている時間がないという方は、マッサージ不要の「シミウスホワイトニングリフトケア朝ジェル」なら肌なじみの良いテクスチャで、リンパマッサージを併用しなくても短時間で肌に浸透するのでおすすめです。

朝はシミウスジェルのモイストタイプ(普通の保湿タイプ)を使用し、夜は保湿力の高いリッチタイプを使い分けするのもおすすめです。

肌の状態・肌質に合わせてアイテムを使い分けることで、より肌悩みに合ったケアをすることができますよ。

 

 

シミウスジェルの使い方・朝使用するときの注意点

 

シミウスはマッサージ専用のジェルなので、正しくリンパマッサージを併用する必要があります。

朝はマッサージをする時間がない・・・という方は、マッサージ専用のジェルだと肌に馴染むまでに時間がかかるためおすすめできません。

朝は時短でケアをしたい方は、「ホワイトニングリフトケア 朝ジェル」がおすすめです。

ホワイトニングリフトケア朝ジェルは、医薬部外品ではなく一般の化粧品です。

マンダリンやオトギリソウなど11種類の保湿成分配合により1本でしっかりと保湿することができます。

朝ジェルはマッサージ不要のジェルで、10秒ほで全顔に塗布することができます。

サラっとしたテクスチャで肌なじみが良いため、朝は時短のスキンケアが良い人におすすめですよ。

 

 

シミウスジェルの使い方・夜だけ使用しても効果はあるの?

 

シミウスジェルを夜もに使用しても十分に効果が期待できます。

シミウスジェルは正しくマッサージを併用することで、美白&たるみケアができる商品です。

夜にリンパマッサージをしながら塗布することで、1日の表情筋の疲れをほぐし、リンパや血液の流れを改善することで、顔のむくみやくすみの改善に繋がります。

シミウスジェル1本だけでスキンケアを終了することもできますが、マッサージクリームとして使用する方法もあります。

普段のスキンケアアイテムに加えてマッサージェルとしてシミウスジェルを併用することで、たるみやくすみの改善に繋がります。

夜寝ている時間帯は、昼間に受けた肌へのダメージを回復するために必要な時間です。

寝ている時間は美肌のゴールデンタイムとも言われ、この時間帯にしっかりと保湿やケアをしていることが重要です。

夜のスキンケアでは寝ている時間帯も長時間の保湿ができるケアが効果的です。

シミウスジェルだけでは乾燥してしてしまう方や、敏感肌の方はシミウスジェルと併用して乳液やクリームを使用すると長時間が保湿ができますよ。

 

 

シミウスジェルの使い方・朝、夕のジェルの使い分けと注意点

 

朝に使用するときの注意点・メイク崩れを防ぐ使用方法

 

朝にシミウスジェルを使用する場合は、メイク崩れを予防する使用方法をしましょう。

「オールインワンジェルはメイク崩れがしやすい!」

「ポロポロやモロモロが出てメイクが乗らない!」

オールインワンジェルは、ジェルのプルプルとしたテクスチャを出すためにテクスチャ調整剤が使用されていることが多いです。

テクスチャ調整剤は、ジメチコンやポリマーなどで、これらの成分が肌表面に残っているとモロモロやポロポロのカスが出てしまうことがあります。

モロモロやポロポロの原因は、ジェルの塗布量が多すぎることや、ジェルがしっかり浸透していないことです。

ジェルの使用量は適量とすることでモロモロが出にくくなります。

シミウスジェルを塗布するときは3~5分のマッサージをすることで肌に馴染み、肌表面に余分な成分が残ることがなくなり、モロモロやポロポロを予防することができます。

朝のケアではジェルを塗布してから5~10分の時間を空けるようにすると、ジェルがしっかり浸透しモロモロやポロポロを予防することができます。

朝はスキンケアの後すぐにメイクしたい!という方は、ティッシュで顔についた余分な油分などを拭うことでメイク崩れを防ぐことができます。

ジェルを塗布⇒ティッシュで軽く顔を拭う⇒ハンドプレス のように、顔表面にジェルが残ってしまわないように注意しましょう。

オールインワンジェルの後に化粧下地を塗る必要はありませんが、シミウスジェルにはUVカット効果はないため、UVカット効果のある下地やUVカット効果のあるファンデーション、BBクリームなどを使用しましょう。

BBクリームやリキッドクリームは油分が多めなので、肌なじみが悪くモロモロやポロポロが出やすくなります。

パウダータイプのファンデーションは肌なじみが良いため、モロモロやポロポロの予防に繋がります。

気になるシミやくまなどは水分が多めのコンシーラーで隠し、それ以外の部分はパウダーファンデーションを使用すると崩れにくい仕上がりになりますよ。

 

 

シミウスジェルの使い方・夜使用するときの注意点

 

肌は一度に保湿できる水分量には上限があります。

いくら化粧水を入れようとしても、一度にはたくさんの水分を浸透させることはできません。

そのため、化粧水を塗布し、肌がヒンヤリと冷たくなり手のひらがペたっと吸い付く感覚になったらそれ以上は水分が入らない状態のため、次のスキンケアに移りましょう。

シミウスと化粧水を併用するときは、手のひらが吸い付く感覚になるまで化粧水をパッティングし、その後にシミウスジェルでリンパマッサージを行います。

長時間の保湿は、肌表面から水分が蒸発しないようにすることが重要です。

肌表面から水分が蒸発しないようにするには、肌表面に油分の膜を作るのが良いです。

乳液やクリームなど油分が多めのスキンケアアイテムを併用することで、肌表面に油分の膜ができるため、肌表面から水分が蒸発するのを防ぐことができます。

冬場は乾燥が強いため、加湿器を使用し肌表面から水分が蒸発するのをふせぎましょう。

定期的な角質ケアをすることも保湿力を高めるポイントです。

1~2週間に1回は、ピーリングや角質offのケアを行い、余分な角質が溜まり厚く固くなった角質を取り除きましょう。

角質が厚く固いままでは、肌の奥まで保湿成分を浸透させることができません。

定期的に角質ケアを行い、美肌成分が肌の奥まで浸透できるようにケアをしましょう。

 

 

 

シミウスジェル公式サイトへ

初回購は20%offでお得